糖尿病網膜症 診療

糖尿病による様々な合併症の中で特に深刻な事態を引き起こすものの一つが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症の基礎知識

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは?

糖尿病になると、様々な合併症を引き起こすことになりますが、特に深刻な事態を引き起こすものの一つが糖尿病網膜症です。
糖尿病網膜症は自覚症状がないまま進んでいくため、気がついた時には手遅れになっていることが多く、最悪の場合は失明してしまいます。
もしそのようなことになってしまったら、もちろんQOLは大幅に低下して、身体的にも精神的にもかなりの負担を強いられる生活を送っていくことになります。
実際、糖尿病は失明を含めた視覚障害の原因の第2位になっており、年間およそ3,000人の方が糖尿病網膜症によって失明していますので、糖尿病に罹っている方は、必ず眼科での定期検査を続けるようにしましょう。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

糖尿病に罹っている / 物が見えづらくなった / 物がブレて見える / 視界に黒いものがチラつく

視界に黒いものがチラつく

物が見えづらくなった

治療方法

治療方法
 
治療方法
 

定期的に、眼の奥にある眼底の血管、網膜、視神経を検査して、症状の悪化を食い止めます。
軽度の糖尿病の方であれば半年に一度、重症の方は月に一度を目安に検査を受けにお越しください。
必要に応じて飲み薬を処方したり、レーザーで網膜の状態を安定させる治療(レーザー光療法)を実施したりすることで、可能な限り失明の可能性を減らします。

中浦和眼科医院について

中浦和眼科では最新鋭の機器を取り揃え、白内障を中心とした診療・手術にあたっています。

中浦和眼科医院について
中浦和眼科医院について
診療時間/曜日
  • 受付開始:9:30
  • 診療時間/曜日:平日9:30~13:00・15:00~18:00、土曜日10:00~13:00

フォームによるお問合せ

2診療日以内の返信を心掛けています。
お急ぎの方はお電話ください。

所在地

周辺地図詳細はこちら グーグルマップを開く

中浦和眼科医院所在地

お問い合わせフォーム

個人情報保護方針を確認する

同意する