加齢黄斑変性 診療

網膜には「黄斑」と呼ばれる場所があり、そこに血管が誕生することで網膜を傷付けてしまい、視力が低下することがあります。これが加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性とは?

加齢黄斑変性の基礎知識

加齢黄斑変性とは?
加齢黄斑変性とは?
 

眼の中の網膜には、「黄斑」と呼ばれる場所があります。
そこに新しい血管が誕生することで網膜を傷付けてしまい、視力が低下することがあります。
これが加齢黄斑変性で、特に50歳以上になると発症しやすくなります。
日本では失明の原因の第4位となっており、患者数も年々増加しています。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

物が歪んで見える / 視界の中心部が見えづらい / 急に視力が低下した

 

物が歪んで見える

 

物がぼやけて見える

 

物が暗くなって見える

治療方法

治療方法
 
  治療方法
 
 

飲み薬で悪化を防いだり、抗VEGF療法と呼ばれる方法で、新しくできた血管に直接注射をして血管を縮小させる治療を実施したりします。
一度網膜に受けた損傷は回復しませんが、軽い状態で適切な治療を受ければ治ることもあります。
視力が低下したまま、いつも視界に黒い点が見える、といったことにならないよう、早めに受診するようにしましょう。

中浦和眼科医院について

中浦和眼科では最新鋭の機器を取り揃え、白内障を中心とした診療・手術にあたっています。

中浦和眼科医院について
中浦和眼科医院について
診療時間/曜日
  • 受付開始:9:30
  • 中浦和眼科医院について

フォームによるお問合せ

2診療日以内の返信を心掛けています。
お急ぎの方はお電話ください。

所在地

周辺地図詳細はこちら グーグルマップを開く

中浦和眼科医院所在地

お問い合わせフォーム

個人情報保護方針を確認する

同意する