緑内障 診療

緑内障は、眼と脳を繋ぐ神経が損傷を受けて、視野が狭くなったり視界の一部が見えなくなったりする病気です。

緑内障とは?

緑内障の基礎知識

緑内障とは?
 

視覚障害の原因

緑内障とは?

緑内障は、眼と脳を繋ぐ神経が損傷を受けて、視野が狭くなったり視界の一部が見えなくなったりする病気です。
一度見なくなってしまった部分は元に戻らないため、早めに治療を開始して、できるだけ進行を食い止めることが重要です。

緑内障の割合

40歳以上の方は17〜18人に1人が緑内障になっています。
下記症状がある方の他、ご家族に緑内障になった人がいるという方は、定期的に検査を受けるようにしましょう。

こんな症状ありませんか?

こんな症状ありませんか?

強い近視がある / 糖尿病 / 高血圧 / 健康診断で緑内障の可能性を指摘された / 見える範囲が狭くなった / 視界の一部が見えづらい

緑内障初期症状

初期

眼の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。

自分自身で異常に気づくことはありません。

緑内障中期症状

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。

しかし、この段階でも片方の眼によって補われるため、異常に気付かないことが多いようです。

緑内障末期症状

末期

視野(見える範囲)はさらに狭くなり、視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。

さらに放置すると失明に至ります。

治療方法

治療方法

緑内障の治療では、まず眼圧を低く抑えることが重要です

 
力内容治療方法

複数の目薬を試しながら眼圧の状態を確認し、場合によっては飲み薬も処方します。
また、レーザーによって眼の一部に穴を開けて、眼圧が上がらないようにする治療も実施しています。

 

それでも眼圧がすぐに上がってしまう方には、手術で眼の中の水分(房水)が増えないようにする処置をします。
いずれにせよ、まずは視野検査や眼底三次元画像解析(OCT)などで的確な診断を行うことが重要です。

 

緑内障は失明の可能性もある病気です。少しでも気になる方は、まずは検査を受けるようにしましょう。

中浦和眼科医院について

中浦和眼科では最新鋭の機器を取り揃え、白内障を中心とした診療・手術にあたっています。

中浦和眼科医院について
中浦和眼科医院について
診療時間/曜日
  • 受付開始:9:30
  • 中浦和眼科医院について

フォームによるお問合せ

2診療日以内の返信を心掛けています。
お急ぎの方はお電話ください。

所在地

周辺地図詳細はこちら グーグルマップを開く

中浦和眼科医院所在地

お問い合わせフォーム

個人情報保護方針を確認する

同意する